「背中の痛みと手の関係」座っているだけで重苦しい背中の痛み:高校生 さいたま市中央区新中里 - さいたま市南与野の腰痛解消の接骨院

里見通り接骨院

院長ブログ

「背中の痛みと手の関係」座っているだけで重苦しい背中の痛み:高校生 さいたま市中央区新中里

当院では、水曜日は予約が無い時は午後が休診なので院内で事務処理をしていた所、夕方裏口のドアを叩く音がするので開けてみると男子高校生が「昨日から背中が痛くなってしまったので診てくれませんか?」というので、何かしたのか聞いてみると「試験期間中なので何も痛くなるようなことはしていない」との事。
痛いという背中を触ってみるとかなり筋肉が固くなっている様子、立ったまま身体を前後に動かしたり左右に捻ってもそうゆう動作ではそれ程痛くはならないが、じっとしているだけで背中が重苦しく痛いとの訴えでした。
以前、足首が痛い患者様を見た時に手の疲労が原因だった事があったので、今回も肘から手首まわりを触診してみると、手の筋肉がかなり固くなっていました。よくよく話を聞くと筆圧が強く、字を書いているとシャーペンの芯がすぐ折れるとの事でした。試験期間中という事で長時間、字を書いていたせいで腕から背中にかけての筋肉が異常緊張を起こしてしまったようです。
本人は、手や腕に痛みは訴えていませんでしたが押してみるとかなり痛みがあったので、手と背中の筋膜の繋がりを考えて、手と腕の筋肉を弛めていくと背中の痛みがスーッと取れて楽になってきたようす。
今回の男の子の様に運動などで痛めた訳ではないが、いつの間にか痛くなってしまったという症状にも必ず原因があります。
この男の子の背中の痛みは原因部分の腕の筋肉が異常に緊張していたために、腕の緊張が筋膜を通じて背中まで影響して痛くなってしまったという事でした。

「これで試験も、もう一踏ん張り出来そうだね!」というと、帰りにはすっきりした顔になっていたので良かったです。
後日談ですが、試験の結果はイマイチだったようです・・・

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

与野,南与野駅の接骨院

月~土22時まで受付 初回割引特典あり 南与野駅より徒歩10分 完全予約制で待ちなし 駐車場1台完備(当院裏11番)

【初回限定】慢性腰痛・坐骨神経痛を早く治したい方へ

腰痛解消の整体治療(予約制)

通常6,500円→初回3,980円(税込)